sundy1987’s blog

1987年生まれ。コミュニケーションの幅を広げたくって自己表現を探り中。

短歌

ふと軽く なった片手を 見てみれば 袋が裂けて 荷物逃げてて #短歌

短歌

玉川に誰かを弔うヒガンバナ 過ぎ行く人と足止める人 #短歌 玉川に死人を弔うヒガンバナ 過ぎ行く人と足止める人 #短歌

短歌

この身体 いざ天空に 放らむと 窓に乗り出し レールが冷たい #短歌

短歌

捨てきれぬ私の身体もてあまし 部屋に溜まったゴミと沈みて #短歌

短歌

塊の肉を大きく頬張って 夜会う君の体思い出す #短歌

短歌

にっこりと美味しい味と呼ぶ君の 瞳はミカヅキ舌はウミヘビ #短歌

短歌

歌が来ぬ日記に語る事もなし 世間に馴染みし平凡な日々 #短歌

短歌

何となく水に挿ししつる草が一月生きて根を生やし出す #短歌

短歌

君のこと狙いしなれど私より 妹よりも若いと知って #短歌

短歌

にっこりと君に微笑むわたくしが 君を狙いしをまだ知らぬ君 #短歌

短歌

口の端の筋肉震え 老け込んだ 我が身を呪う 社会復帰日 #短歌

短歌

立ち続け口角上げて声高め この世の女子のげに恐ろしき #短歌

短歌

唇をなめらかにする技術とかずっと磨いて来てみたのですが #短歌

短歌

照明用写真に写るブスの顔 これを世間に向けているのか #短歌

短歌

琴線を忘るる時はカラッポの 時にあらずや満たされし秋 #短歌

短歌

見上げれば空の十六夜誘ってる そうだ歌でも詠んでみようか #短歌

短歌

真実の私の顔を改めて目に焼き付ける証明写真の傍 #短歌

短歌

ごぉんごぉん洗濯機が回ります 私の指示で一晩かけて #短歌

短歌

待機してすぐに逃げ込む夢現 君に触れるいく夜の始まりを #短歌

短歌

つけ麺と餃子6つを食べ終えて 今日の時給と相殺させる #短歌

短歌

異性から声かけられて安堵する 秋の夜風に鼻歌のせる #短歌

短歌

フランス風サンドイッチにパイ1つ ブルーのケースに豊かさを見る #短歌

短歌

水の底動かぬ石は何思う 問い始めつつ眠さにに負けて #短歌

短歌

スタートの前だからこその気もそぞろ 頭に入らぬページめくりつつ #短歌

短歌

反対とヒトが定めし赤と青 天を舞台に溶け合えりかな #短歌

短歌

明日からはまた予定など入るだろう 予感噛み締め暇を愉しむ #短歌

短歌

背中から汗が噴き出すようになり再び流れるイノチに感謝 #短歌

短歌

1匹の褐色の虫に生活のほころびを見たベッドで反省 #短歌

音楽:醒めない(スピッツ)

醒めない(通常盤)アーティスト: スピッツ出版社/メーカー: Universal Music =music=発売日: 2016/07/27メディア: CDこの商品を含むブログ (3件) を見る 失ったと思っていたことを取り戻せそうで浮かれてる。浮れるだけではダメだということは身にしみている…

短歌

浮き立った心で見るはウィンドウのchicとやらを着こなすマネキン #短歌

短歌

街に出て遅れを知るやスカートを 慌てて買い足す復帰前の週 #短歌

短歌

満たされて何も響かぬこともある 贅沢に歌を聞き捨てる夜 #短歌

短歌

お金出しCD買って本読んだ 社会に「ただいま」そっと呟く #短歌

短歌

フォークとか 何かの影とか どけていく 写真のような 写真を撮るため #短歌

短歌

電車から ホーム、会社と 止まらない ヒトに押されて 大河に落ちた 若葉一枚 #短歌

短歌

冷えた風当たる足達深く組み 画面をかじる熱に浮かされ #短歌

短歌

慣れてない慌しさに目を回しパスタぐるぐるかきこみ進む #短歌

短歌

草生えぬ高地に立つる御柱 真っ青な空に抜ける神様 #短歌

短歌

見あぐるは四方を囲む御柱 山頂に立つ真っ白な祠 #短歌

読書:キレる私をやめたい〜夫をグーで殴る妻をやめるまで〜(田房永子)

キレる私をやめたい~夫をグーで殴る妻をやめるまで~ (BAMBOO ESSAY SELECTION) 作者: 田房永子 出版社/メーカー: 竹書房 発売日: 2016/06/30 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見 最近読んだ漫画に筆者の田房さんが紹介されていたので、読んでみた。…

短歌

体内に残ったボルト見るようにかつて泣きにし本に微笑む #短歌

読書:不平等社会日本(佐藤俊樹)

2000年に初版ということで16年前の新書だが、戦後システムの崩壊という長期的な問題を扱っているので、全く古くない内容であった。そして、エビデンスに基づいて議論を進めているので、読みやすく納得度が高かった。 不平等社会日本 さよなら総中流 (中公新…

短歌

ペン引いた本を見返しわかるのは私の頭の悪さなりけり #短歌

短歌

スマホから海外ラジオ伝えるは世界で絶えぬテロリズムのこと #短歌

短歌

向田のほんの短いレシピからオンナが生きた歴史が香る #短歌

短歌

味噌みりん白身魚に塗った後大葉に挟み焼いた平日 #短歌

短歌

害なんて私にないと知ってても 虫は「殺して」気持ち悪いから #短歌

短歌

思い出を書き出し始め 降り出した小雨のように言葉あふれ #短歌 思い出を書き出し始め降り出した小雨のように言葉が溢る#短歌

短歌

詰めすぎた胃腸の冷えに驚いて 人に会ってた疲れを思う #短歌

読書: 「さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ」(永田カビ)

さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ作者: 永田カビ出版社/メーカー: イースト・プレス発売日: 2016/06/30メディア: Kindle版この商品を含むブログ (2件) を見る 普段は世の中舐めてるくらいにある心の余裕がちょっとなかった。忙しいことはありがたいこと…